Частных самолетах фото

大掃除と言えば年末に家族総出で行い、綺麗になった自宅でゆっくりお正月を迎えるのが慣わしとされていました。 お正月は家に神様をお迎えするので、綺麗にしておけば1年間幸運が続くと思われていたのです。 今でもそういう風習は残っていますし、会社のお掃除も年末年始休暇前に行う所も有ります。 しかし近年あえて年末にはやらない主義の人も増えています。

12月に大掃除をしない、その理由とは一体何なのでしょうか。 そういうスタイルの人達の多くは毎日しっかり掃除しているから、あえて12月にまとめて掃除する必要が無いと言います。 このタイプの人にはミニマリストやそれに近い傾向があります。 必要最小限のモノしかもたないので、棚や収納スペースもスカスカ、 だから大げさな掃除をしなくてもささっと拭くだけで十分綺麗になるというのです。

貯め込んだ汚れが無いのですから、大げさに掃除する意味が無いということでしょう。 もう少し肩の力を抜いたタイプの人もいます。 一週間、一カ月と区切りを作り、そのたびにプチ大掃除をするというスタイルです。 似たようなタイプで月曜日はトイレ、火曜日はキッチン、水曜日はお風呂…と曜日ごとに徹底的に掃除する日を決めている人もいます。 換気扇など毎日掃除しなくてもいい所をそういうタイミングでやってしまえば、結果的にいつも綺麗な状態をキープできるという考え方です。 最近はこうしたタイプの人が増えています。

Двое детей Джона и Жаклин Кеннеди умерли, едва появившись на свет, еще один сын — Джон Фицджеральд Кеннеди-младший — погиб в авиакатастрофе в 1999 году. Лишь "победившая смерть", как называет ее пресса, Кэролайн Бувье Кеннеди, продолжает дело отца, занимаясь политикой.



Но, пока, вернемся на много лет назад, к Жаклин Кеннеди 1975 года, после смерти ее второго супруга, миллиардера Аристотеля Онассиса.

Аристотель выделил  ей ежегодный пансион в 155 000 долларов до конца дней. Такую же сумму получали оба её ребёнка. Полагая, что она захочет оспорить это решение, он проинструктировал своих адвокатов, чтобы те препятствовали ей всеми легальными способами.

Foto:

Video: